BON JOVIとの出会い huckさん

huckとBON JOVIとの出会いは洋楽カラオケが好きだったことから。
子供の頃から 歌が好きで一人で部屋で歌いまくっていた日々。
ラジオを録音してテープを擦り 切れるくらい聴いて英語の歌詞を起したっけ。 できばえはかなり怪しかったけど 。
昔はカラオケも8トラで演歌ばっかり。 カラオケBOXが出来た時は浜省が歌えて幸せ感じたよな~。
ビートルズやカーペ ンターズ、サイモン&ガーファンクルも歌った。 でも洋楽を歌うとあからさまに(ケッ、ナニカッコツケテンノ)光線を発しなが ら「すごーい!えいご歌えるなんて~~」って言う奴やら(ツマンナ~イ)って 顔に書いてあるやつやらいたよな~。
相手を選んでなるべくメジャーな曲を歌っ てた。
転機が訪れたのは30代の後半。 子供の幼稚園で知り合ったGさんが洋楽カラオケ好きと判明した時はうれしかった ぁ。
しかもメチャクチャうまい! 澄んで伸びのある高音は(huckを含めた)一般ピープルと大違い。 「Always love you」を完璧に歌いこなす人を生まれて初 めて間近で見た。
その辺のアイドルや歌手気取りの勘違いヤロウども土下座しろ!ってなくらいだ 。 うまい人とカラオケに行くのは何だか自分もうまくなったような勘違いに陥る 事ができてヒジョウに楽しい。
そして彼女もhuckもハモリがすきということも一 致。 無謀にも一緒に「More Than Words 」を練習して十八番になりました。 2人して隙さえあればカラオケに行こうと企んで、だんだんと最長記録を更新。 今までの最高は11時間ぶっとおし。 さすがにレパートリーが乏しくなってきて、今度は80’s、50’s、ディスコミュー ジックなどを開拓中にBJとの運命の出逢いが訪れた。
ある日偶然録画した「全NO1HIT」という番組の中「Livin’on Prayer」のPVがあっ たんだ。 実を言うと見た瞬間に好きになったと言うわけではない。 その時はデュランデュ ランなんかもいいなぁ・・・なんて思ってた。
それまでのhuckはいわゆる「ハードロック」なる物はチャラチャラ、ギャンギャ ンうるさくて聞く価値がないっていう偏見をもっていた。 でもそれを見て「あ~ 何か聞いたことあるし、ノリのいい曲で楽しいかも」って思った。
早速Gさんと共にレンタルへレッツゴー! デュランデュランと(笑)BJのCDを借 りてきた。 聴いてみる。 「あ~これも聞いたことある!これも・・・いいんじゃない!」 それから始まったBJと共に過ごす日々。 何度も繰り返してPVを見る。 JONのかっこよさ、かわいさにドンドン引かれていって歌も練習しまくり。 それ につれてカラオケに行ってもどんどんレパートリーがBJばかりになっていく。
自分の限界ギリギリのシャウトを繰り返すと声もよく出るようになってくるし楽し さが今まで以上になっていく。
Gさんがリッチー、huckがJONのパートでハモルと 、もう毛穴が開いてアドレナリン放出しまくり。 「うちらってサイコー!!」と 訳わかんない自画自賛チームの出来上がり。 今では歌う曲の99%はBJになってます。(100%のときも・・・)

たくたく

BON JOVIファンになりかれこれ20年。 その間に結婚出産もし、現在2児のハハ。なんだかBJと共に歩んできた気分。 粘土いじりや物作りが大好き。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です